Uber Eats配達の乗り物の種類

Uber Eats

どうも!Uber Eatsでの配達回数を900回以上おこなっているshi-no-sanです!
今日はUber Eats配達の乗り物の種類についてお教えしたいと思います。
自分は自転車配達を主にしていますが、それ以外にも乗り物があり、メリット・デメリットがあるのでここで紹介いたします!

3種類の配達する乗り物

下記の乗り物が配達するとき登録可能です!

  • 自転車
  • バイク

まず一つ目の「自転車」
これは一番利用している配達員が多いと思います。街中でもよく見かけますし、
何より誰でも手軽に利用できます。
自転車のメリットは原則車道走行ですが時と場合によっては歩道での走行もOKな車種です。また一方通行なども自転車は通れる道も多く結構走りやすい乗り物ですね。
配達物もショート案件がもっとも多く、回数をこなしやすいのも特徴的です。
※勿論、ロングばっかのときもあります笑
デメリットとしては人力なので身体に負担が大きいです。また雨の日は自転車走行はとても危険で事故の可能性も大きいですね。

次の車両は「バイク」
こちらで配達してる方も前に比べると増えてきました。
配達メリットとしては、人力ではないので身体に負担が少ないですね。
また当たり前ですが、車道を走るので道が歩道と比べて安定しており、食べ物や飲み物が崩れたり零れる心配も自転車より少ないところも良いですね。
なによりUber Eatsで稼げるのはバイクって方の発言が多いので稼ぎやすいのもバイクだと思います。
デメリットとしては、一つの案件の距離が長いとこです。
ピック先までも長くドロップ先までも長いところかなと思います。なので、選択クエストの回数をこなしにくいのでクリアしにくいのではないかと個人的に思います。
しかし、距離が長いので逆を言えば稼ぎやすいのではないかと思います。

最後の車両は「車」
こちらは自分も1回ぐらいしかその配達員を街で見たことないですが、かなりレアなケースだと思います。
メリットとしては、雨に濡れずに配達が行えるのと距離が長くても身体への負担も少ないですかね。デメリットはピック先でもドロップ先でも車を止める場所が少ないので配達に支障を来すのと、バイクの案件よりかなりのロングピック、ロングドロップ案件が来る可能性は高いのでこちらも選択クエストを未達する可能性が高いと思います。

今日のまとめ

いかがでしたか?
今日は「Uber Eats配達の乗り物の種類」を紹介させて頂きました!
上記を見る限り「自転車」「バイク」「車」の選択肢がありますが、気軽に配達を始めたいなら”自転車”、稼ぎたいなら”バイク”、一度は試してみたいと思うなら”車”ですかね。勿論、自分に合った車種が一番だと思います!
是非、配達車種を選ぶ際は参考にして下さい。

今日はこの辺にしておきます!では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました