Uber Eatsの配達ではクロスバイクがおすすめ

Uber Eats

こんばんはー!Uber Eatsでの配達回数800回以上行っているshi-no-sanです!
今回はUber Eatsの配達ではクロスバイクがおすすめを紹介したいと思います!
なぜロードバイクでもなくママチャリでもなくクロスバイクなのかを当ブログで
お教えします!

Uber Eatsの配達でクロスバイクを進める理由

  • ギアが標準装備なので疲れにくい
  • 値段もロードバイクや電動自転車よりもお手頃
  • 便利な自転車のアクセサリー系を付けて好みのカスタマイズをしやすい
  • スピードが出やすいので配達回数をこなしやすい
  • 車体が軽いので急な段差でも持ち上げやすい

ざっと5つほど考えた結果こんな感じでしょうか!
初めから一つずつ説明いたします!

「ギアが標準装備なので疲れにくい」
自分は最初の頃の配達では、ママチャリで配達をこなしていましたがそのママチャリにはギアも付いてなくどこにでもある普通のシティサイクルでした。
値段も9,800円ぐらいだったかなぁ…それぐらいだったと思います。
これで配達してる時に他の配達員の方が横を抜いていったのですが、進むスピードが全然違かったです笑
当時はそのママチャリで上り坂では立ち漕ぎになり、バッグの中の商品も左右に振られるのでヒヤヒヤしながら運んでいました。
クロスバイクを買ってからはギアも付いてるので坂道でも安定して配達を行えるようになりました。

「値段もロードバイクや電動自転車よりもお手頃」
これもクロスバイクをおすすめする理由の一つですね!
ロードバイクの値段はピンキリですが、メジャーなメーカーのロードバイクだとそれなりの値段がします。勿論、Amazonや楽天などの通販で自分で組み立てる前提のロードバイクなら値段も安いですが安全の保障もありません。
その点クロスバイクの方がロードバイクと比べると値段もお手頃で初めて乗る方でもシティサイクルと変わりなく乗れると思います。

「便利な自転車のアクセサリー系を付けて好みのカスタマイズをしやすい」
自分はクロスバイクに小さいバッグや座ってる時間が長くお尻を痛くしない為のクッションなど付けています。この小物みたいなものってママチャリだとそんなに付けれるのってないんですよね。ママチャリだとフレームがカーブしている為、付けれる商品数が少ないからなんですかね…?

「スピードが出やすいので配達回数をこなしやすい」
これは全然ありました。ママチャリの時は頑張って漕いでも配達回数が少なかったのですがクロスバイクに変更してから配達回数が上がりましたね。
直線距離が長い道など一番重くギアを入れるとグングン進むので違いが分かります。
逆に言えば、スピードが出ると自分自身危険なので交通安全はママチャリの時よりもっと注意して運転をしないといけないですね。

「車体が軽いので急な段差でも持ち上げやすい」
これは知らない土地でグーグルマップを徒歩経路で見てる時に発生しやすいのですが徒歩経路を見てるので普通に階段経路を指定してる時があります。(グーグルさんも自転車経路を追加して欲しい)この時知らずに行くと階段で仕方なく自転車を持ち上げて登るときがたまにあるのですが、ママチャリだとめちゃくちゃしんどいです笑
クロスバイクだと車体が軽いので割と楽に登れます。

今日のまとめ

いかがでしたか?
今日は「Uber Eatsの配達ではクロスバイクがおすすめ」を紹介させて頂きました!
Uber Eats配達員でママチャリを使用している方には必見の内容だったと思います!
自分も最初はママチャリを使用して100件以上配達したときにクロスバイクを思い切って買おうと決めました!
結果もっと早めにクロスバイクを買ってその分もっと稼げば良かったと思うほど購入して良かったです!

今日はこの辺にしておきます!では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました